免疫細胞キリング

Immuno-oncology applications
Request Information

がん免疫療法の分野では、免疫システムを利用してがん治療を施す様々な研究に力が注がれています。免疫細胞によるがん細胞の殺傷(キリング)は有望な治療法の1つとされており、ナチュラルキラー (NK) 細胞、細胞傷害性T細胞、B細胞(Bリンパ球)など、様々な適応(獲得)及び自然免疫システムを有する細胞が使用されています。特に、キメラ抗原受容体T(CAR-T)細胞療法は注目を集め、研究が盛んに行われています。

Axion BioSystemsのMaestroシリーズは、インピーダンスの変化検出により、細胞の生死を経時的にラベルフリーで測定します。長期間に渡る継続的な測定は、免疫細胞によるがん細胞への攻撃を終始追跡し、重要なイベントを見逃しません。また、エンドポイントアッセイのような、アッセイの繰り返しも不要です。